ヘアーサロン理容コンダ

秋田県大仙市にある理容店です!アロマエステ・ブライダルシェービング・ネイルなども行っております。まずはお気軽にお電話下さい! 0187-75-1143

Take a look at this

HC・塩基性カラーでグレージュに。

 02, 2015 15:58
モデルはうちの92歳のおばあちゃんです。

いつも私のカラーやアイロンパーマの練習台になってくれています^^

今日はHC・塩基性カラーを使って染めました。

2か月位前に同じカラー剤のレッドブラウンにブラックを足して染めています。

退色がかなりあり(アイロンパーマをした為)、ブラックの残骸?なのか、青寄りの薄い紫になっていました。

このまま、淡谷のり子風うす紫にしてもいいかな~と思ったのですが、毛先に前の前のカラー(ブラウン)が残っていて

変になりそうだったので、またブラウン系で染めてみることにしました。



ブルー多めの紫を作り、そこに主になるナチュラルブラウン投入。

ほぼ白髪の地毛なので、ブラックも少し入れます。

バランスクリームは1割です。

加温15分、クーリングタイムを置き、流します。




何度か染めてみて思ったのですが、HC・塩基性カラーは白っぽく退色してくる感じなので、

あくまでもぼかして色を入れる補助的カラーな気がします。

なので、逆に考えると、ほのかな染まり具合が新しく生えてきた白髪を目立ちにくくすると思います。

これで少し伸びてきても自然なんじゃないかと思います。




仕上がりは、、偶然にもグレージュになりました。

グレージュは今カラーの世界では人気のあるカラーですよね。

土台が白髪なので、綺麗な、不思議な色に染まったのだと思います。

また、退色具合を見ていきたいと思います。

おばあちゃんいつも協力ありがとうね^^♪



写真 2015-12-02 15 13 56


写真 2015-12-02 15 14 11


スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?