前回の記事です。



前回は金髪に市販の泡カラーでミルクティー色に染める所までやりました。

綺麗に染まってしまったので、反対側をもう一度金髪にしました。



P1020830.jpg



こうして比較してみると、ミルクティー色が入っているのがわかりますね。




サイドから見た金髪です。


P1020833.jpg




これをお客様と同じ状態に持っていくために、暗い色で染めます。

10年以上前からなぜかうちにあった、ロレアルの市販のカラーを使いました。

年代ものなので、ちゃんと染まるかな??



P1020835.jpg




心配をよそに、ちゃんと染まりました。

*右端だけ、金髪を残しています



P1020838.jpg




そして、いよいよ新しい脱染剤の登場です。

今までは黒染めや気に入らないカラーからのカラーチェンジは

とにかくダメージやまだらになる事が怖かったのですが、

この商品は髪に染まった色素のみ取り去ってくれて、

(つまり、今の状態より髪の毛が明るくなりすぎることはないということです)

しかも酸性・過酸化水素水を使用していない、と言う事で

施術者も安心して仕事ができます。




黒染めをした左端に塗布し、加温で20分やってみました。

すると。。。




P1020839.jpg




綺麗に黒い色素だけが抜けました!!

右端の元々の金髪と変わりないですね。

思っていたより結果がすごくて、お店に常備しておきたいものの一つになりました。




お客様のまだらはこれで解消できそうです。

後は、全頭をきれいなミルクティー色にする課題が残っています。

色々模索してみたいと思います^^












スポンサーサイト

WHAT'S NEW?