ハナヘナは昨年末からメニューに取り入れていましたが、

ナチュラルとインディゴの2種類しか出番はありませんでした。

一応買っておいたハーバルマホガニーとハーバルブラウンがありましたが、

今回やっと出番がありましたので、記事にしたいと思います。




ビフォア。

P1030528.jpg



このお客様はずっとヘナをしてきたのですが、

最近白髪が多くなり、ヘナのみではオレンジすぎるということで、

今回ハーバルブラウンを試してみる事になりました。



まず一度ヘナ・ナチュラルで染めます。


P1030533.jpg



その後、ハーバルブラウンを重ねます。

直後はこんな発色です。


P1030535.jpg




それから3日後にはこんな色になります。



P1030538.jpg



P1030539.jpg


お客様も満足してくれたようで良かったです^^



それにしても、ハーブって面白いですね!

空気の酸化作用でだんだん色が変わって、素敵なブラウンになるんですから♪




スポンサーサイト
当店でここ10年ヘナとインディゴをされているお客様です。



ヘナをするきっかけは、温泉に置いてあるシャンプーで、頭皮や顔が腫れ、

それ以来、色々と怖くなってしまい、でも白髪も気になる。。

そんな感じの時に相談されて、ヘナを勧めたのを覚えています。



最近ハナヘナさんのヘナとインディゴに変え、

今回はハナヘナ2回目の施術です。



私もインドハーブとは長い付き合いですが、

ハナヘナさんのは塗りやすいし、結果も目に見えていいですね!

お客様も良さを実感していました^^




ヘナを1時間置いて、炭酸泉で流した後はこんな感じにオレンジになります。

写真 12-03-17 10 32 55




その後、インディゴを重ね、30分置きます。

インディゴは空気に晒さないと色が出にくい感じなので、タオルキャップのみします。



写真 12-03-17 11 27 35



最後にドライするとこんな感じのブラウンになります^^

ツヤも出ますし、いろんな方におすすめしたいですね!



写真 12-03-17 11 46 38





デメリットは時間がかかる事です。

当店では、ヘナの待ち時間にお顔剃りやエステ、

インディゴの待ち時間に眠って頂いたり、お茶を飲んでゆっくりして頂いてます^^



いつも忙しい現代人にはこんな時間の過ごし方もいいかもしれませんね!





炭酸水でヘナを溶いて塗ってみました。



henachu2.jpg



henachu3.jpg





“炭酸 ヘナ” で検索したら、炭酸水で溶いてるお店のブログがあったのでやってみました。

作ったのがお昼頃なので、4時間経ったものを塗りました。

(炭酸抜けてますね

炭酸水で作ったの初めてでしたが、普通のお水で作ったものと見た目は変わりありません。







以前はシカカイという植物の抽出液で溶いてました。

ヘナが滑らかになって塗りやすかったのですが、

お客様の予約のお電話を頂く時間によってシカカイ抽出液の準備が間に合わなかったりして

しばらくア〇マダのPの4倍希釈で溶いてました。




今回炭酸システムを入れたので、ヘナに使えないかな~と思ってでした。




先日、縮毛矯正をかけて、毛先のみロッド巻きしたので

毛先がパサついていましたが、ヘナしてどう変わるか。。



henachu.jpg



1時間したら炭酸泉で流してみます!





・・・一時間後。



炭酸泉でひたすらお流し。

タオルドライしてどSトリつけてドライ。

ヘナでごわついてた髪がどSトリでいい感じに。



henago.jpg





感想は、炭酸でヘナを溶いても地肌とかは大丈夫。

炭酸泉で流す時、流しにくい。

ヘッドから泡っぽく出てくるから、頭皮までお湯が到達しない感じだった。

流し足りない感じをお客様が感じるかもしれない。

流しは徹底的に。

色は水やお湯で溶いた時と変わりなし。

ドライ後はヘナのにおいがお湯流しの時より少ない。

さらっとまとまりが良くなった。



こんな感じでした。



今度はアワルってみます!




WHAT'S NEW?