田舎の小さな理容店である当店ですが、

たまに縮毛矯正のお客様がいらっしゃいます。

美容室がたくさんある中、サインポールの回る当店へどうして矯正のお客様がいらっしゃるのか

最初はとても不思議でした。

でも、要望がある度に私なりに考え、やってきました。

時にはダメージさせてしまったり、クセが伸びきらない時もありました。

『うちは理容店なので、縮毛矯正はやっていないんです』

と言ってメニューから外し、お断りする事はとても簡単です。

でも、自分の成長が止まってしまう気がして、

何か大切な事から逃げるような気がして、少しずつでもいいから勉強しなおそうと思いました。



縮毛矯正は近年になり、綺麗に安全にクセを伸ばすことができるようになってきたように思います。

セミナーも多数行われ、昔よりも薬剤や処理剤も圧倒的に進化しています。

私は縮毛矯正では特に知識や理論をしっかり身に着けないと

お客様に安心や満足をしてもらう事は出来ないのでは、と思います。

私もまだまだですが、これからもお客様の希望に添えるように頑張りたいと思います^^




色々な還元剤があるかとおもいますが、今日はチオで行った写真です。



ビフォア↓



写真 2015-07-08 12 49 06


写真 2015-07-08 12 49 36


クセはあまり強くなく、ノンダメージです。

とてもチオと相性が良く、クセが毎回良く伸びてくれます。


アフター↓


写真 2015-07-08 16 36 41



写真 2015-07-08 16 37 27



矯正毛はカットがとても難しいですね。

自然に見えるように、アイロンのかけ方もとても重要です。




今度は他の還元剤でもウイッグを使って試していきたいと思います^^



スポンサーサイト
今日は縮毛矯正の記事です。



お客様は1年前に当店でクリープパーマをしています。

この1年で2回ほどカットして短くなり、現在は毛先にその時のパーマが残っている状態です。

右サイドのハネが気になるとの事で矯正する事にしました。



P1040157.jpg




P1040158.jpg




P1040159.jpg


ホームカラーは1か月に1度と結構頻繁に行っているようです。

その際、毎度毛先まで塗布していると言う事で、

薬剤選定は慎重に行いました。




いつもは健康毛の方が多いので、前処理はしないのですが、

今回は念入りに前処理をして、1液は2種類の塗り分けです。

時間が来たら流して、中間処理でカチオン・コンプレックスをします。

ドライはハンドドライで。

本当はフルウエットからのツインブラシなんですが、

この方は元々のクセはないんです。

なので、クセをまっすぐにするというよりかは、

1年前にかけたパーマの変なハネを直したいと言う事なので、ナチュラルさを求めてハンドドライです。

(それによって時間も大幅に短縮できます)




アイロンは170℃布なしでラウンド気味にかけました。

50代の方なので、10代の方のような毛先シャキーンは避けたいので。。



2剤は過水です。

シャンプー台でも疎水処理しました。



仕上がり↓


P1040160.jpg



P1040161.jpg




P1040162.jpg




久しぶりに皮膜処理しました^^;



長年この方の髪を担当させてもらっていますが、太く見えて結構もろく、

すぐにビビリや枝毛になります。

なので慎重に薬剤を選定したり、優しく扱わないと大変な事になります。



アルカリで過軟化しやすく、パーマの時は何度もダメージさせてしまっていました。



今回は色々な種類の還元剤や処理剤のおかげで今までの過軟化への不安や仕上がりへの不安が

大幅に改善されました。



後ろの毛先のハネが自分としては気になる所です。

もう少し薬剤選定で攻められるとよかったかな。。

(少しハネ気味に仕上がってしまったのは前回のカットのせいもありますが)



後はホームカラーで毛先まで薬液を付けないようにアドバイスさせて頂きました^^




ツヤも出ましたし、柔らかく仕上がって、

世間では皮膜(シリコンなど)は悪いもののように言われていますが

私は皮膜も必要だと感じます。




実際、薬液処理されたダメージのある髪はノンシリコンではまとまりませんし。。

家で使うシャンプーやコンディショナーで何を使うかでもまとまりの差が出てきます。

私は今パンテーンを使用中ですが、

市販品の中ではなかなか良いのではないかと思います。




何でもかんでもノンシリコン!という風潮ですが、

ダメージのある髪で日々ストレスなく過ごすには皮膜は欠かせないと思います。




後は毛先カットなどして、髪がまとまりやすいようにしていったら良いと思います。










今日は新しく導入した薬剤とトリートメントで矯正してみました。



お客様は半年前に当店で1度矯正をかけています。


前回の矯正の記事です

カラーなしなので、ダメージはありません。

また、地毛もクセがほとんどない状態です。

矯正の必要を感じないのですが、毛先のパキッとしたストレート感は

やはり矯正をしないと出ないし、またお客様の要望でもあるので

新しい薬剤とトリでやってみようと思います。




根元の薬剤はPH9.0 チオグリコール酸のものとPH9.0 チオグリコール酸+システアミンのものを

1:1(50+50)で混ぜ、さらに粘度調整で液状のチオグリコール酸+システアミンのものを15g混ぜまし

た。(合計115g)



中間毛先はPH7.5 チオグリセリン+システアミンのもの80gに上記で足した液状の薬剤を10g混ぜました。



塗り分けをし、20分放置後炭酸水洗、トリ、流し

ドライ(ブローはしていません)

アイロン180℃ワンスルー、2液は過酸化水素水でしっかり酸化です。(10分位)

シャンプー、トリで仕上げです。

アフターは何もつけていません。ドライしただけです。



少し毛先をカットして、お顔剃りもして3時間半でした。



新しい薬剤を使ってみた感想は、クセについては伸びる伸びないは今回わからなかったのですが、

まず匂いが良かったです^^

システアミンは臭いのでどうかな~と思っていたのですが。。

過軟化する事もなく、操作しやすかったです。



トリはすぐ浸透してくれてツルツルになりますが、といってベタベタ残るような感じでもなく

これも使いやすかったです。




自分の反省ですが、薬剤のかぶれをもう少し頭に置いて塗布すべきだったと思いました。

(耳後ろの皮膚が赤くなっていましたので。。)

耳にキャップはしていましたが、お客様にヒリヒリしないかどうか聞くべきだったなと思いました。



仕上がりは自然でとてもいいと思います^^



kyousei1.jpg




クセはありませんでしたが、一応中の状態も。



kyousei2.jpg




新しく買ったアドストのアイロンのデビューです^^



お客様の髪質は、誰にでもある若干のうねり程度で、気にされるほどのクセはないのですが、

ハチのボリュームが出る事を気にされていて、ボリュームダウンを狙って縮毛矯正をしました。

後は、太い健康毛とホームカラーにより後頭部表面のみビビリ気味という、

ダメージ具合が全く違うという状態です。



写真 12-03-29 12 59 27



写真 12-03-29 12 59 47




ダメージ部にデジプロ48で前処理し、

チオを毛先以外に塗布します。

10分放置後、水スプレーをして毛先に若干薬を伸ばします。

更に10分してから、炭酸でシャンプーし、薬液をなるべく残留させないようにします。




半分ドライして、皮膜処理です。完全にドライさせます。

その後、160度で根元~中間をかけていきます。

毛先はアドスト用の布を用意しておらず、とりあえず140度でスルーしました。



アイロン終了です。


写真 12-03-29 15 33 20




写真 12-03-29 15 33 25




ブロムで7分7分置き、シャントリ(シリコン入り)、ドライして

少しカットしました。



写真 12-03-29 16 57 57



写真 12-03-29 16 58 06




初めての縮毛矯正にすごく喜んでくれました^^

何よりボリュームを抑えられてサラサラなびくのが、嬉しかったみたいです。




毛先のビビリは伸ばしつつカットして行けばなくなりそうなので、

直そう!などとおバカな事は考えませんでした。



ホームカラーは放置時間を守る、(お客様は染まらない方のようで、2時間置いたと聞き

アドバイスさせて頂きました。薬液を長時間髪に触れさせておく事は危険です。)

特に泡カラーは摩擦も起こるので、避ける。

できれば、お店で染めてほしいことを伝えました。




春の気分転換のお手伝いが出来て良かったです^^




お客様は高校生なので、自然なストレート感より、

シャキーンと真っ直ぐな仕上がりがお好みかと思い、

今回はチオで施術しました。



元の髪は太めで固め。クセはほとんどありません。

今回が初めての縮毛矯正です。



Ph9.5のクリームタイプの1剤を根元から中間まで塗布。

ダメージはありませんが、毛先は毛量がないので時間差で同じものを後から塗布。

20分放置。


炭酸で洗い、シャンプー後、ドライヤーでサーッとドライ。

中間処理はジメチコン、カチオンの加水分解シルク、加水分解コムギ、アミノ酸色々

が入った物(ヒートシルク系)をなじませ、またドライ。



前髪から160℃でアイロンをかけていきます。

今回からツインブラシで挟みながら、かけました。

かけやすくていいです。



2液はブロム13分放置です。

前髪の所は届いたばかりの薄いスポンジ(mixiのKIBOさんに頼んだものです)

をカーブさせながら髪を乗せ、額から浮かせました。

みなさんの所ではどんな風にしているのかな??




仕上がりです。



resize0200.jpg




resize0201.jpg




resize0202.jpg




カットと顔剃りで4時間でできました。

クセがなかったのと、健康毛なのであまり時間がかからなかったと思われます。

非常に条件の良いお客様でした^^

ありがとうございました!

WHAT'S NEW?