今日は刈和野の大綱引きですね。

刈和野生まれ、刈和野育ちの私はお正月よりも

今日のこの日をまだかまだかと心待ちにしていました!

(血がね、、騒ぐんですよ、、笑)

今日は後のことを考えて頑張りすぎないように参加してきます!



さて、先日お越し下さったお客様のパーマスタイルです。

肩下の長さでしたが、バッサリとカットしてパーマをかけてみました♪


写真 2016-02-10 9 37 04



ゆるふわで春らしいですね^^

お孫さんのいる方にはとても見えません!

もう少しで春。。

せめて髪型だけでも春っぽくしてみませんか?

お待ちしております^^




スポンサーサイト
前回の記事から1か月以上経ってしまいました^^;





今回はタンニンパーマです。

ダメージ毛、もしくは細毛でパーマがかかってもすぐ取れてしまう・かからない、など

そういった場合に有効なタンニンを使用してかけるパーマです。



時間を見つけ、タンニンを何人かの方に使用してみました。

今回、母にかけた事で、よりタンニンの良さがわかりました。

母は薄毛の細毛でカットも梳くことはほとんどありません。

トップとサイドは頼りない毛をセットして何とか形を保っています。

タンニンパーマ後は毛がしっかりして、健康になった感じがしました。



さて、ビフォアです。

P1060283.jpg


画像ではそんなに薄毛には見えませんね。

後ろは結構毛量がありますが、サイドは毛も細く、薬液の選定を間違えると

あっという間にダメージにつながります。


P1060285.jpg




1剤はPM9L:PM7L:マルスタンミュー 1:2:1 です。

水巻き後、1剤を塗布し、アルカリタンニンは熱で張り付くという事なので加温10分しました。

その後中間水洗、クリープタイム10分です。この時加温はしませんでした。

テストカール後、酸性タンニンのマルスアソーションをスプレーし3分放置します。

その後、ブロム7分7分で酸化です。




ロッドを外していて、今までのクリープパーマとは違った、毛のしっかり感を感じました。

クリープパーマはプリッとした感じで、タンニンパーマは毛を補強しているような感じです。

ロッドアウト後、シャンプー、トリートメントをして8割ドライです。

仕上げにdo-sトリートメントを少し付けています。




P1060290.jpg





襟足もスッキリさせて、夏向きに^^

カールもふわふわしていい感じにかかりました。

今度はタンニンを使ったアイロンパーマの記事を書きますね!



ツーブロック、流行っていますね。

もはや“変わった髪型”ではなく、普通のスタイルに定着してますね。

田中将大選手も似合ってました。

すそが長くなるウルフっぽいスタイルはほとんど目にしなくなりました。

刈り上げてトップを重めにし、分け目をつけてジェルでなでつけたり、

重めのトップにパーマをかけるのが今一番多い髪型だと思います。




お客様はショートヘアのツーブロックに飽き、

前回は髪が短いので、アイロンでパーマをかけました。

今回はロットで巻けそうなので、クリープパーマです。



P1050770.jpg



P1050774.jpg



P1050775.jpg



全てリバースとフォワードのMIXです。

サイド刈り上げの上だけフォワードに巻いてます。

毛先は逃し気味で巻きました。



またしばらく手入れが楽そうですね^^

(刈り上げ部分はすぐ伸びてしまいますが。。)








今日は新しい工程を入れたパーマについてです。



昨年11月に入手していたとある粉。

この粉をジェルにして、髪に軽い皮膜を作りつつ、パーマをかけるのです。

ここの所色々と忙しくてやっと実験できました^^;



実験のモデルは母にお願い。



まず、プレカット後。

P1040272.jpg



P1040274.jpg




P1040276.jpg



濡れているのに、前回かけたパーマのリッジがほとんどありません。

最近カットだけでゴメンしてもらっていたので、

パーマが無くなって当然なのですが、

それにしてもトップのぺちゃんこぶりが悲しい。。^^;

それに毛もかなり細く、サイドは毛先を切るだけにとどめました。。

梳きは毛が少なすぎて入れられません。。

地肌が見えてますからね。。

という訳で、おおよそプレカットだけで済みそうです。

アフターカットは後頭下部の厚みを梳くだけでいいでしょう。




パーマ工程は、普通に水巻きしてアクティブはチオとシステアミンの混合

10分後チェックしてOKで炭酸水洗。

その後、とあるお水をスプレー。まんべんなく。

クリープタイムを置いて、ブロム7分7分

その後6%過水とジェルとお水を混ぜたものでダブル酸化しつつ、皮膜形成させます。





スタイラーでドライするとこの位のかかりです。



P1040279.jpg



P1040282.jpg




トップと前髪はワインドの時に専用の薄いスポンジを挟んで巻いてみました。

ボリュームアップを狙ってです。

いつも普通に巻くのと変わりあるかな~と、これも実験。

ふんわり立ち上がりがついています。

いつもと違いがあるかと言われると、若干ふんわりしてるかな~という感じです。

スポンジでゴム跡がつかないのが良いと思いましたが、

薬液がちゃんとついてるかどうかわからないのでそこが不安な所でもあります。


P1040284.jpg



この後、母が自分でセット。

こういう流すセットがこの世代の人は好きですね。

私はふわくしゅの方が若く見えて好きですが。。そこは好みですね^^



P1040288.jpg



P1040290.jpg



P1040292.jpg



ん~、確かにこっちの方が似合うなぁ。。(笑)



皮膜は軽いです。ツヤは思ったほどではなかったかな~。

ヘナをしているので、髪色がまだらだったり、カットで梳いている所なんかは

ツヤが出にくかったりするので、そんな所が関係しているのかも。

もう少し様子を見てみようと思います。

当店ではパーマとカラーの同時施術は基本お断りしています。

どうしても!という場合を除いて。。

今回のお客様は県外の大学に通われていて、

ありがたい事に帰省した時に当店に来てくれます。

なので、『1週間後にカラーをしましょうね』と言う事が難しいので

半日かけて施術します。

(*途中、次女の授乳などで中断したりご迷惑をおかけしています><)




今回はショートヘアにパーマをかけて、色は赤みが出ないように、との事でした。

ipadでショートヘアの画像を参考に、お客様の好みの長さとパーマのかかり具合をお聞きしました。

ショートヘア、と言ってもお客様のイメージするショートヘアと

私が思っているショートヘアのイメージが違ったら大変ですから。。



ショートボブでトップにゆるいパーマ、という感じで施術する事になりました。



ビフォア。結構伸びています。

P1040164.jpg


カット終了。最後にもう一度質感カットします。

P1040165.jpg




前処理は無しで、ロッドは19ミリ、17ミリ、15ミリ使用で水巻き。

1液はチオ単品です。

炭酸泉で流した後、クリープ。

クリープさせている時は加温します。

このお客様の場合は髪が丈夫でかかりにくいので。。

中間処理も無し、2液はブロムです。

ロッドアウトするとちょうど良いかかりですが、ドライすると物足りなそうかな?



画像を見て好みのかかり具合を決めても、スタイリングでだいぶ違ってくるので

ゆるいパーマの時はそこが難しい所です。

(すぐ取れた、弱かった、などの理由でお直しする事が多いです。

もちろん、気に入るまでお直しさせて頂きますが、なるべくなら1度で済むようにしたいですからね^^)




次はカラーです。

今回は赤みが気になるとの事だったので、

前回のカラーした部分用の薬剤と根元用の薬剤と2種類を塗り分けました。



このお客様の場合は退色するとイエローが強く出ますので、

前回のカラーの赤みが気になる、と言う事なんでしょう。



根元は8トーンマット+8トーンアッシュ、6%

既染部は7トーンマット+6トーンアッシュ+7トーンブラウン 3%です。



仕上がり。色味はちょうど良さそうです。


P1040167 - コピー



この手のスタイルは乾かし方、スタイリングがキモです。

頑張ってスタイリングして下さいね!





WHAT'S NEW?